HEART HOME

身体的な症状

見逃されがちな「仮面うつ」

今、「仮面うつ」が広まっていると言われています。 仮面うつは軽度のうつ病のケースが多く、精神的な症状ではなく、身体的に様々な症状が起こるうつ病の事を言います。 通常、うつ病は気持ちが落ち込む、悲しい気持ちや強い不安感が続くといった、精神的な症状が強くでるケースが多いようです。 一方、仮面うつの場合は抑うつ状態より先に、頭痛や疲労感、めまいや肩こりといった身体的なトラブルが発生してします。 この者本人は体が悪いと思い込み、内科などを受診します。 ですが、うつ病でトラブルが起こっている為、内科などでな何も問題は無いと言われてしまうのです。 体の不調が強く出てしまう為、仮面うつは見逃されてしまいがちです。 内科などで診察しても問題が無いという場合、仮面うつを疑いメンタルクリニックを、受診してみる事をお勧めします。

分からない身体的な症状はメンタルクリニックで診てもらおう

頭痛や肩こり、腰痛、耳鳴りなど体の不調がある場合、内科や外科、耳鼻科などを受診するのが一般的です。 しかし、診察を受けても何も問題は無いと、言われるケースもあります。 このような場合、もしかしたら「うつ病」を発症しているかもしれない為、メンタルクリニックを受診してみましょう。 実はうつ病の中には抑うつ状態など、精神的な問題が現れない、「仮面うつ」という症状があります。 体の不調が精神的な不調よりも、先に出てしまう為うつと思わず色々な病院を回ってしまうのです。 内科などで診察や検査を受けても原因が分からない、身体的な不調がある場合は、仮面うつを疑ってみて精神科など、メンタルクリニックを早めに受診しましょう。